SUS304は高級ステンレス? SUS304とSUS430について


 

キッチンのカウンター素材について、お客様から、「これはSUS304だよね?」と聞かれることが多くなった。

どうも、SUS304は高級ステンレスであり、一般のステンレスと比べて錆びにくく、これを使っているキッチンは高級キッチンであるという認識らしいですね。

たしかに、概ねそれで間違いは無いと思います。SUS304は18-8ステンレスといって18%のクロムと8%のニッケルを含む。クロムだけを含む安価なステンレスであるSUS430よりも耐食性に優れていることは確かであり、SUSニッケルが高価なことからコストが高く、「高級」であるとは言えます。

それでは「一般のステンレス」とはなんだろう。これは、きっとSUS430のことだと思われます。流し台のようなセクショナルキッチン(注※)に使用されているので、システムキッチンに多く使用されているSUS304の比較対象になっていると思われます。

それでは、SUS430は「高級じゃないから304に劣る」のでしょうか?

SUS430の持ち味は、熱による膨張がSUS304に比べて小さいということです。

セクショナルキッチンは、コンロがキッチンに組み込まれるのではなく、コンロ台の上に、お客様(キッチンユーザー)がご自分で購入したガスコンロを載せるという形式をとっていますね。

そのコンロの熱の影響による膨張を考慮して、キッチンメーカーでは、セクショナルキッチンにSUS430を採用していることが多いのです。

そして上述の通り、安価な点もSUS430の持ち味でしょう。

お手入れの点では、SUS304と比べると耐食性に若干劣りますが、立派な「ステンレス」ですので錆びにくいという特性はしっかりと持っています。こまめに手入れをしていけば大丈夫です。

「SUS304」に“高級”“本格的”というイメージがあることから、販売の場面でそれに触れる広告フレーズが増えているようですが、地味なSUS430もそれなりの存在意義を持っているということです。

(注※)セクショナルキッチン:システムキッチンがワークトップ(天板)が継ぎ目なく1枚で、その下に各種キャビネットがおさめられているのに対し、セクショナルキッチンはワークトップがキャビネット毎の縦割りになっているキッチンをいいます。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

日本ブログ村に参加しています。

ページ上部へ戻る