人大カウンターでコンロ横にひび割れが・・・


「人大カウンターにひび割れが入った」というのをたまに聞きます。

今回は、特にコンロ横に生じるひび割れについてご説明します。

コンロは熱を持ちますので、その影響によるひび割れということが多いのですが、その熱(加熱機器や鍋からの熱)による人工大理石の伸び縮みだけでは、即「ひび割れ」ということにはなりにくいのです。他の原因と合わさって、ひび割れが発生すると考えられています。

それは、以下のような原因です。

1.外からの力が加わった(輸送時の落下による見えないひび、重い物が落ちた、施工後に人が乗った、等)。

2.大きな鉄板などを使って調理したり、空炊きしてしまい、異常な熱が加わった。

3.カウンターの納まりにクリアランスが無いため、建物の動きに追随できない。

4.カウンターが建物のゆがみに合わせて固定されているため、カウンター自身が元に戻ろうとする力を持っている。

これらの要因は、製品の不具合ではありませんが、もし発生したら補修したり、場合によっては交換するしか無くなってしまいます。

人大カウンターは、強さと美しさを兼ね備えたカウンターですが、万能ではありません。また、ガス機器の取り扱いによっても、人大カウンターには影響が生じ得るものですので、取り扱い説明書をよく確認して使用しましょう。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

日本ブログ村に参加しています。

ページ上部へ戻る