シンクの水あか(白いよごれ)


シンクの表面についた白い汚れ、これは水垢(あか)と思われます。

 

<原因>

シンク表面に残った水分が蒸発すると、水に溶けていたミネラル分がシンク表面に残ります。

具体的には、カルシウム、マグネシウム、ケイ素などです。

 

これは、最初は薄く付着しているので気になりませんが、シンクの表面が「水に濡れる→乾燥する→水に濡れる→乾燥する・・・」を繰り返すと、順に上に重なっていき、白い汚れが濃くなっていきます。

 

<除去方法>

白い汚れが見えないくらいの初期段階であれば、台所用中性洗剤をつけたスポンジでも落とすことができます。

 

白い汚れに気が付く段階になってからは、中性洗剤では取れません。酸性の洗剤で除去します。

しかし、ここで注意しましょう。

酸性の洗剤は、シンク表面に残るとサビの原因となってしまいます。

したがって、酸性洗剤とはいっても酸性の弱いものから試していきたいです。

だから、お酢を使う人も多いですね。実際お酢でも取れます。

 

洗剤でいえば、「ティンクル(水回り用)」が標準的です。

水垢部分に吹きかけて、スポンジや柔らかい布で拭きます。

水垢がちょっと濃くなってしまった段階であれば、ティンクルを浸した布(ティッシュでもOK)を水垢部分に「貼り付け」て、30分ほど置きます。そして、スポンジや柔らかい布で拭く。これを何度か行うことで除去できます。

 

さらに、それでも取れない場合は、クリームクレンザー(20%くらいのもの)をスポンジに付けてやさしくこすります。表面の水垢だけを除去するのをイメージしながらそっと行ないましょう。強くこするとこすったところだけ表面にうっすらと傷が付き目立ってしまいます。目立たない箇所で試してから行なってください。

※最近は、「茂木和哉」という秋田の職人さんが作ったクリームクレンザーがありますね。これは非常に優秀です。2500円ほどしますのでプロ仕様というべきかもしれません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

日本ブログ村に参加しています。

ページ上部へ戻る