屋内配管の詰まり・汚れ付着~シンクの排水が遅い!


 

あるお客様から、シンクの排水に時間がかかるという連絡がありました。。

設置後5年経過したシステムキッチンです。

 

通常は、ダブルトラップを疑うところですが、現場を見るとそういう状況にはなく、

工務店さんがシンク下(!)の排水(直管)にドルゴ通気弁を設けていたりしました。

しかし、そのような処置を施してあっても、すっきりと流れるまでには至っていませんでした。

 

原因を突き止めようとお伺いしたのですが、工務店さんが「高圧洗浄」を

やってみるということで、まずはお任せすることにしました。

 

2時間ほどの作業で、キッチンを含め洗濯、洗面等、水周りの屋内配管を全面的に

洗浄したところ、果たしてキッチンのシンクの排水も見違えるように流れるようになりました。

 

屋内配管の詰まり、汚れというものも侮れないと改めて実感しました。

 

特に配管が長い住宅、また曲りが多い住宅では、勾配も緩やかになり、

また、流れに対する障害が多く、排水の汚れが付着しやすくなるので要注意です。

 

特に油のような排水の表層を浮いて流れる汚れ類は、パイプシャフトの

縦管に行くまでに、配管の側壁部分に付着しやすいと言われています。

 

たしかに、今回の住宅は広く、キッチンの配管が洗面室の配管と合流して

パイプシャフトに行くまでの行程が長い状況にありました。

 

対策としては、油ものを洗う際には極力洗剤に頼らず、まずはキッチンペーパー

などで食器、鍋等に残った油をぬぐい、ゴミとして捨てることでしょう。

 

システムキッチンの取扱説明書には、そこまでの記載はありません。

メーカーの守備範囲がシステムキッチンという製品までだからだと思われます。

 

実際は、排水器具以降の配管の詰まりもこのように排水を邪魔することがありますので、

トラブルを避けるためにも日ごろのお手入れの一環として、配慮が必要ですね。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

日本ブログ村に参加しています。

ページ上部へ戻る