サビ取り専用剤の実力は?


 

業界で評判の良いサビ取り専用剤を使用したので報告します。

株式会社カンペハピオの「復活洗浄剤 サビ取り用 80g」です。

kmpehapio

キッチンのステンレスカウンターに、錆びた缶を置いたりして、もらい錆を作っておきました。

中央の錆の濃いところを除去しようと思います。

中央の錆の濃いところがターゲット

これを、このサビ取り専用剤で落とそうと思います。

sabitori04

説明書には、「サビが発生した部分に布で厚さ1~3ミリ程度に本品を塗布してください。」とあります。

sabitori05

「放置:塗布直後から、サビ部分が分解し、紫色に変色します。」

sabitori06

たしかに紫色になってきました。

「反応を確認しながら、5~20分程度放置して下さい。」とあったが、錆も小さいので3分程度で一度拭ってみました。

sabitori07

錆の濃い部分はまだ残っています。

再度塗って、今度は5分以上放置しました。

sabitori08

次第に、紫の色の部分がサビ取り剤の内部で滲んだようになってきます。

sabitori09

錆がカウンター表面から浮いて初めて、このように滲んで見えるんですね。

sabitori10

全部取れたかなと思い、拭ってみたところ、まだほんの点状であるが、錆が残っています。

sabitori11

そこで、再度塗布しました。

sabitori12

今度は5分経過したところで、つまようじで錆のあったところをこすり、さび取り剤をかき混ぜるようにした。深いところに、もしまだ反応していない錆部分があっても、かき混ぜて錆取り剤に触れることにより紫に変色して浮いてくることを期待した。最初からこうすれば、剤を有効に使うことが出来たと思われます。

13

ティッシュで拭うと、錆は完全に取れていました。

最後に水洗いをして完了です。

万能Jrくん等で取れるものならそれでいいのですが、ちょっとしつこい錆の場合は、このような専用剤が有効であることがわかりました。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

日本ブログ村に参加しています。

ページ上部へ戻る