コーティング付のシンクは、本当にお入れラクラクなのか?


 

一部のメーカーのシンクで、表面にコーティングが施されているものがあります。

これらは「お手入れがラク」と謳っていますが、本当にラクなんでしょうか?

 

答えは、「使う人の丁寧さやお手入れ頻度に依る」です。

 

使い方が丁寧で、かつ日々のお手入れをまめにしっかり行っている人は、コーティングされたシンクがおすすめです。

逆に、あまりお手入れをせず、汚れがたまりがちな人には、コーティングがされていないノーマルのシンクがおすすめです。

 

ふつうに考えると、お手入れが苦手な人ほどコーティングされた「お手入れラクラク」なシンクが合っているように思えますが、そうでないのはなぜでしょうか?

 

それは、コーティングというものが少々デリケートなものだからです。

 

たとえば、コーティングされているステンレスシンクでキッチンハイターなどの漂白剤を使用したにもかかわらず、そのあとしっかり流さないと、その漂白剤がコーティングを侵して、コーティング内部に錆を生じさせてしまいます。

また、包丁などの鋭利な金属製品や陶器の糸尻でこすったり、野菜についた砂や泥を洗い流さずに作業すると表面に傷がつくおそれがあり、それを回避しようとしてシンクマットを敷いて作業をすることも良い方法なのですが、シンクマットとシンクの間に泥や砂が入り込んだ状態で作業をすると、これもまたシンク表面にキズをつけるおそれがあります。

 

ほかには、カルキ汚れ等が付いたときに、ナイロンタワシ、クレンザー、メラミンスポンジを使いたいところですが、これらはコーティングを傷める恐れがあるため、基本的には食器用スポンジしか使えません。したがって、水垢が固着するレベルまで進行してしまうと、除去の手段がなくなってしまいます。

 

また、アルカリイオン整水器からの排水口からの捨て水もコーティングの表面を傷めることになるため、漂白剤同様、すぐに洗い流す必要があります。そうしないとコーティングがはがれてきます。

 

以上のように、コーティングが施されたシンクについては、食器を洗うなどの作業を行うときには表面を傷つけないように気を遣い、シンクマットを使用する場合も泥や砂をいつも取り除いたうえで作業し、汚れが付いたら迅速にふき取り、一日の作業が終了したらよく水洗いして全体を乾いたタオルで拭き上げる必要があります。

こうした作業を毎日行えば、コーティングの効果と相まって、キッチンは非常にきれいに維持されるでしょう。

 

一方、こうした作業することができない場合は、汚れを除去することもできず、コーティングも剥がれてしまいます。

 

したがって、あまり掃除が得意でない人は、「コーティング付はお手入れカンタン」という言葉に騙されず、コーティング無しのシンクを採用して、汚れや傷が付いたらゴシゴシこすって使用していく方が却って「ラクラク」です。

最初のうちは傷がつくと気になりますが、すこしたてば(ある意味傷だらけで)気にならなくなります。

 

あらためてまとめると

 

お手入れができる人は、コーティング付きでも無しでも、どちらでもOKだが、ラクに使うならコーティングされたシンクがおすすめです。

一方、お手入れが苦手な人には、コーティングされていないシンクがおすすめということです。

 

キッチンを購入する時の参考にして頂ければ幸いです。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

日本ブログ村に参加しています。

ページ上部へ戻る